本文へスキップ

調剤薬局事務講座、高齢社会で求められる専門技能。

調剤薬局とは?/調剤薬局事務講座

調剤薬局事務

調剤薬局事務講座HEADLINE

調剤薬局とは?


調剤薬局のそもそもの始まりは薬局です。昔は病院内にて、薬局がお薬の処方を行っていました。

近年の高齢化の影響もあるのかもしれませんが、みなさんも病院で会計や薬でひどく待たされたと記憶されている方もいらっしゃるでしょう。そこで、「医薬分業」というものを行うことになりました。

これは何を意味するのかと言いますと、診察・検査などにかかった費用については、病院で会計を行います。

病院では医師により処方箋を発行し、病院の近郊、もしくは自宅近隣の調剤薬局にて、薬の処方、および会計を行ってもらうということで「院外処方」というシステムの導入になったのです。

未だに、院内処方を行っているところも存在はしていますが、件数としては少数になっています。この「医薬分業」によって、薬は院外の調剤薬局にて処方をすることになりました。そこで、医療事務にて行っていた会計と、調剤に関する会計が分かれることになり、調剤薬局事務という職業が誕生することになったのです。

煩雑だった業務もスムーズになり、体調を崩して来院している患者さんの待ち時間についても、軽減されるという一定の効果を生む結果となっています。

調剤薬局は、今後も増える傾向にありますので調剤薬局事務として活躍できる場所も必然的に増えていくことになります。


ヒューマンアカデミー 調剤事務講座

ヒューマンアカデミー

調剤事務講座(合格保証付き)
調剤事務のプロフェッショナル集団が制作した実践的な教材!たった2ヶ月で調剤薬局の知識が身につく。


リンクについて