本文へスキップ

調剤薬局事務講座、高齢社会で求められる専門技能。

調剤薬局事務の適正は?/調剤薬局事務講座

調剤薬局事務

調剤薬局事務講座HEADLINE

調剤薬局事務の適正は?


どんな人が調剤薬局事務の仕事にふさわしいのでしょうか?

まず、几帳面な性格の人、数字、計算を嫌いでない人、そしてコツコツと作業をこなすことができる方。

そして、接客もできる人、受付業務がありますから、明るく応対できる人。
患者さんには当然、お年よりも多いので、耳の遠いお年寄りにも親切で丁寧な応対が求められます。

では、向かない人はどんな人でしょうか?

大雑把な人は、ちょっと、無理かも・・・・ですね。
数字が苦手、薬品名が苦手・・・・ちょっと、無理かも。

お年寄りの相手が面倒だと感じる人。
お年寄りの患者さんは、とても多いですね。
お年寄りに、必ず、付き添いの方がついていらっしゃれば、問題はないのですが、耳の遠いお年寄りや、少し認知症の傾向のあるお年よりもいます。

そういう患者さんにも、いかに、親切な応対ができるか?
人間性の問題だと思いますが、人との関わりを面倒がらないことは、大切なことです。


ヒューマンアカデミー 調剤事務講座

ヒューマンアカデミー

調剤事務講座(合格保証付き)
調剤事務のプロフェッショナル集団が制作した実践的な教材!たった2ヶ月で調剤薬局の知識が身につく。

リンクについて