本文へスキップ

調剤薬局事務講座、高齢社会で求められる専門技能。

レセプト作成について/調剤薬局事務講座

調剤薬局事務

調剤薬局事務講座HEADLINE

レセプト作成について


調剤薬局事務としての仕事内容でもっとも重要なのがこのレセプトの作成になります。

現在の日本ではほとんどの患者さんが、保険(国民健康保険、政府管掌健康保険 etc.)に加入しているので診察料や薬代が一部負担(3割負担)になっています。

よって調剤薬局としては患者さんから一部負担金を窓口で徴収し、残りの料金は保険者(国民健康保険や保険組合)に請求することになります。

このように保険者に請求する業務を、レセプト業務(調剤報酬請求業務)と呼びます。
調剤薬局事務としては、厚生労働省が定めている調剤報酬点数表に基づいて点数を算定したレセプトを作成していきます。

毎月のレセプト(調剤報酬明細書)は処方箋の受付日ごとに記載した調剤録を基にして作成していきます。
作成後、国保連合会や支払い基金に提出します。

提出するレセプトについては、国保連合会と呼ばれている組織で、レセプトにミスがないかを医科歯科レセプトと調剤のレセプトを照合してチェックされます。

チェック後、万一、ミスが発見された場合は、レセプトを調剤薬局側で訂正させるために調剤薬局へ間違っているレセプトを送り返します。

これを“返戻”(へんれい)と言います。
返戻(一度差し戻し)されたレセプトは修正をしてすみやかに再提出しなければなりません。

もし返戻が起きてレセプトが保険者に受け取られないと、調剤薬局は報酬の支払いを受けれなくなり収益があがりませんので、経営上大きな損失をこうむる場合があり得ます。

以上のようにレセプト業務は、調剤薬局の収入に影響する重要なお仕事になります。


ヒューマンアカデミー 調剤事務講座

ヒューマンアカデミー

調剤事務講座(合格保証付き)
調剤事務のプロフェッショナル集団が制作した実践的な教材!たった2ヶ月で調剤薬局の知識が身につく。

リンクについて