本文へスキップ

調剤薬局事務講座、高齢社会で求められる専門技能。

レセプト作成の注意点/調剤薬局事務講座

調剤薬局事務

調剤薬局事務講座HEADLINE

レセプト作成の注意点


調剤薬局事務の仕事の中でもレセプト業務は、大変重要な仕事になります。
理由は、調剤薬局などの収益はこのレセプトを作成し、調剤報酬の請求をするからです。

現在では、レセプトコンピューター(レセコン)の導入がされていますが、昔は、レセプトの作成はすべて手書きで行われ大変な仕事だったようです。

レセプトコンピューター(レセコン)のソフトを使用すると、薬名を入力すれば厚生労働省が定めている「調剤報酬点数表」というものに基づいて決められている薬の点数を、自動的に検索してくれるような機能がすでに標準実装されているようです。

しかし、そのようなすばらしい機能をもったコンピューターでも、実際は人が操作しますので、どうしてもキーの打ち間違いやミスということが起こります。

このことからレセプトの作成が終了しても、再度レセプト内容について目視確認を確実にする必要があります。

レセプトは、月の初めにすることが多いようで、月単位で請求先ごとに、患者さんのすべてのデータ管理を行う必要がありますので、仕事量としてもかなり多くなってきます。

ですから、レセプト作成の期間は、調剤薬局事務の人の残業は常習化しているようです。

しかも、1週間強くらいの短期間でこの業務をこなす必要があるので、調剤薬局事務の仕事をしている人にとっては、結構大変な仕事になっているようです。

またレセプト作成の期間では、大きな医療機関や病院で、調剤薬局事務の従業員を募集する場合もあるります。


ヒューマンアカデミー 調剤事務講座

ヒューマンアカデミー

調剤事務講座(合格保証付き)
調剤事務のプロフェッショナル集団が制作した実践的な教材!たった2ヶ月で調剤薬局の知識が身につく。

リンクについて