本文へスキップ

調剤薬局事務講座、高齢社会で求められる専門技能。

薬歴簿の作成/調剤薬局事務講座

調剤薬局事務

調剤薬局事務講座HEADLINE

薬歴簿の作成


調剤薬局事務は、薬剤師が患者さんへ処方薬の説明指導が終了すると、患者さんへの処方時期や処方薬の種類などの処方内容を薬歴簿に記入し保存します。

薬歴簿をなぜ作成するかというと、患者さんに薬の副作用などの危険がおよばないようにするためです。

薬の種類は多くありますので、薬の組み合わせで患者さんに副作用が発生する可能もあります。

そこで薬歴簿に処方内容を詳細に記入保存することにより、薬剤師が新規に薬を処方するときに薬歴簿をチェックすることによって危険な薬剤の組み合わせなどを回避できます。

また薬の効能は同じものでも規格などが異なるものもあり薬歴簿を正確に記入作成しておかないとレセプト(調剤報酬明細書)を作成するときに誤った請求点数になることも考えられます。

実際、調剤薬局では薬歴簿の作成について、薬剤師が服薬指導を患者さんに行っているときに、同時進行で調剤薬局事務が作成するところが比較的多いようです。


ヒューマンアカデミー 調剤事務講座

ヒューマンアカデミー

調剤事務講座(合格保証付き)
調剤事務のプロフェッショナル集団が制作した実践的な教材!たった2ヶ月で調剤薬局の知識が身につく。

リンクについて